So-net無料ブログ作成
 
 
[次項有]てっぱん家の地域別-山記事リストはここをクリックしてください!!
  teppanお気に入りのウェブページは下のリンクをクリッ 
[次項有]山歩き 関連のお気に入り
[次項有]ミツバチ関連のお気に入り

マルシンハンバーグ握り寿司 [家庭ローカル]

DSC00383.JPG
 笑われそうですが、こんなものを作ってみました。


 
 マルシンハンバーグ好きのteppan、もっと食のバリエーションが広げられないか日々試行錯誤?の毎日です。今回はマルシンハンバーグを使った寿司への挑戦です^^

DSC00351.JPG
 そんな馬鹿みたいな事をチャレンジできる場所と言えば、勝手知ったる地元の里山しか思い浮かびません、と言う事で「猿投山」の某所にやってきました。



DSC00352.JPG
 用意したのは洗米二合、マルシンハンバーグ、トマトケチャップ、マヨネーズ、ウスターソース、生卵です。うん?何か足りない様な…


DSC00423.JPG
 そうそう!これを忘れていました、家庭でお寿司を作るのに欠かせない定番商品ですよね。



DSC00353.JPG
 まずお寿司に欠かせないのはご飯です。今回は二人分なのでラージメスティンに二合のお米をクッキングシートで作ったお皿の内側にセットして炊きます。洗米はあらかじめ自宅でジッパーバッグに水に浸しまま持ってきました。



DSC00354.JPG
 ラージメスティン+ストームクッカー+ガスバーナーでご飯を炊きます。初めチョロチョロ中パッパ、かなりアバウトな炊飯。

 燃料はノルマルブタン100%のCB缶ガスです。寒冷地では厳しいですが、10℃くらいなら十分実用になります。何より一缶100円代と経済的なのが嬉しいですね。



DSC00358.JPG
 ご飯を炊いている間にもうひとつのストームクッカーでスクランブルエッグ。軍艦巻き用にマルシンハンバーグを刻んだものと合わせます。1つはマヨネーズと、もう1つはケチャップとウスターソースを合わせました。



DSC00361.JPG
 次に今回のメイン食材「マルシンハンバーグ」を焼き焼きします(^^



DSC00367.JPG
 焼き上がったハンバーグは三等分した後、さらに厚みを半分にするためスライスしました。スライスが終わったハンバーグは軍艦巻き用に幾つか細かく刻んでおきました。



DSC00369.JPG
 そうこうしている間にご飯が炊きあがりました。保冷バッグに入れて約10分程蒸らします。

 炊きあがったら鍋をひっくり返しましょうと良く言われますが、あれは戦時中にご飯を炊いた際、飯ごうの底の煤を草で掃除する為に行われた儀式です。薪と違ってガスバーナーでは汚れる事はありませんので、裏返す必要はありません。



DSC00371.JPG
 上手く炊きあがりました。クッキングシートを使っているので、お家に帰ってからの洗いが格段に楽ですよ。



DSC00375.JPG
 さあ!マルシンハンバーグを握り寿司にしてみます。炊きあがったご飯には温かい内に「すしのこ」を混ぜてあります。



DSC00376.JPG
 サビの代わりにネタにマヨネーズを塗って、



DSC00377.JPG
 マルシンハンバーグ握り寿司の完成です!



DSC00381.JPG
 お米二合・マルシンハンバーグ2個で、握り10貫・軍艦巻き3貫、余ったご飯でおにぎり大小2個できました。つまみ食いしてしまったので写真には握りは8貫しか写ってませんが…^^;

 さて!肝心のお味は? 


 意外や意外、結構いけますよ! 寿司飯とマルシンハンバーグの相性は思いの外良い様です。



 くだらない記事に最後までお付き合い下さりありがとうございましたm(_ _)m

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。