So-net無料ブログ作成
 
 
[次項有]てっぱん家の地域別-山記事リストはここをクリックしてください!!
  teppanお気に入りのウェブページは下のリンクをクリッ 
[次項有]山歩き 関連のお気に入り
[次項有]ミツバチ関連のお気に入り

開山1300年記念 花の白山詣で 前編2017/7/19 [山歩き・ウォーキング]

DSC05391.JPG
 翠ヶ池に映る青空と奥三方岳&三方崩山

場所・山行日  「白山:2702.14m:一等三角点」2017年7月19日~7月20日
 石川県白山市
ルート  1日目:別当出合P~(砂防新道)中飯場~甚之助避難小屋~
(エコーライン)~白山室堂~御前峰~翠ヶ池~白山室堂(泊)
 2日目:室堂~黒ボコ岩~(砂防新道)~甚之助避難小屋~中飯場~別当出合
歩行距離
1日目:10.9km/11.8Km(平面/沿面距離)
2日目:6.0km/6.5km(平面/沿面距離)
標高差  駐車場~別当出合+-50m 別当出合~中飯場+-240m 
中飯場~甚之助小屋+-470m 甚之助小屋~南竜道分岐+-130m
エコーライン入口~室堂平+340m 室堂平~御前峰+-250m
室堂平~黒ボコ岩-120m 黒ボコ岩~南竜道分岐-230m
所要時間
1日目:09時間46分 06:48~16:34 (休憩・昼食・散策時間含む)
2日目:03時間47分 06:54~10:43 (休憩時間含む)
実測ルート図はここをクリック!   Google earth俯瞰図はこちら
 何年か先送りになっていた加賀白山にようやく登頂が叶いました。
 今年は泰澄大師が白山を開山して1300年という記念の年にあたり、記念登山ということになりました。(泰澄大師が白山を開山したのが、新暦に直すとちょうど7月19日だとのことです。)


DSC05128.JPG
 午前6時半の別当出合無料駐車場は約50%埋まっていました。平日はマイカー規制がありませんのでここまで入れますが、土日祝祭日は市ノ瀬に駐めてシャトルバス利用となります。


DSC05129.JPG
 2段になっている駐車場の一番下から奥の階段を登る。


DSC05134.JPG
 こんな道を登って約500mで別当出合のバスターミナルに着きます。


DSC05137.JPG
 バスターミナルの手前にある別当茶屋の水場。


DSC05138.JPG
 茶屋は営業してませんでしたが、自販機コーナーがあります。缶ビール&ノンアルコールビールもちゃんと入ってました^^


DSC05135.JPG
 別当出合の登山センター。休憩ベンチが中と外にたくさんあって、別棟のトイレには更衣室も完備で至れり尽くせりです。主にバスで来る登山者に便宜が図られているようです。


DSC05141.JPG
 水場です。洗い物はしないでと注意書きがありました。


DSC05143.JPG
 この鳥居が白山登拝道の入口。一礼をしてから入ります。


DSC05146.JPG
 オオバコなど外来種の侵入が問題になっていて、靴底の土をはらうマットがありました。


DSC05148.JPG
 砂防新道入口の大吊橋は結構揺れますね。シーズンが終了すると踏板が外されるみたいです。


DSC05151.JPG
 砂防新道は一部分だけ登り下りが別になっていて、写真が分岐地点です。間違えないようにしましょう。


DSC05157.JPG
 40分ほど歩いて中飯場(なかはんば)


DSC05158.JPG
 水場と水洗トイレがあります。ちょうど良い場所なのでここで小休止。近くに道路があって、工事車両が通過していく様です。


DSC05167.JPG
 砂防新道の名前の通り、谷間には砂防ダムがいっぱい!この日も工事が行われていました。


DSC05169.JPG
 次の小屋までは比較的ゆるやかな道が続きます。
 

DSC05176.JPG
 大きく曲がったダケカンバ。雪の多さを物語っていますね。


DSC05180.JPG
 谷の反対側には観光新道の通る尾根。


DSC05185.JPG
 この様な池が幾つかありました。


DSC05187.JPG
 しっかりとした木道。

DSC05197.JPG
 中飯場から1時間30程で甚之助避難小屋。水洗トイレと水場があります。充実した設備はさすが白山ですね。
 

DSC05195.JPG
 別山を眺めながら休憩。ちょうど昨年の今ごろあそこに登りましたが、容姿端麗で素敵な山でした。今回は御前峰から別山を眺めるのを楽しみにして来ました。


DSC05198.JPG
 ベンチ前のオオシラビソ(あるいはコメツガ?) 枝が垂れ下がっているのは雪の重みによるものでしょう。


DSC05201.JPG
 小屋のすぐ上にも休憩ベンチ&水場。


DSC05203.JPG
 ここで山伏の団体さんとすれ違いました。ザックを背負ったアンバランスさがまたいいですね!


DSC05205.JPG
 先ほどまで休憩していた小屋の方から見事なほら貝の音が聞こえてきます。最後尾の方がわざわざ立ち止まってちょっとだけ吹いてくれました。感激です、ありがとうございました!


DSC05214.JPG
 タンポポは勉強不足で良く解りません。人がたくさん集まる白山にはセイヨウタンポポなど外来種が増えてきているとのことです。


DSC05216.JPG
 ここで砂防新道(左)から分かれて、まっすぐ南竜道へ進みました。


DSC05218.JPG
 今回の白山で一番目立ったのがこの黄色の花。似たような花で違う種類があるので同定がやっかいです。これはたぶんシナノキンバイだと思うのですが…


DSC05226.JPG
 途中の別山展望地に咲いていたテガタチドリ。ここまで良く晴れていましたが、だんだんとガスが多くなってきました。


DSC05231.JPG
 ここから南竜道を離れてエコーラインへ入りました。



DSC05237.JPG
 振り返ると南竜ヶ馬場と南竜山荘 良い雰囲気ですねえ!白山唯一のテント場もあり、ぜひ泊まってみたいです。


IMG_6426.JPG
 ここで早速この季節の花、クロユリ(ミヤマクロユリ)に出会いました。奥は数少ない黄花のクロユリです。
クロユリと言えば花の香りが独特だと聞いています。怖い物嗅ぎたさで鼻を近づけてみますと… う~ん、そうですね~ 強いて表現すれば”使い古しの雑巾の香り”とでも言いましょうか。ハエを媒介にして受粉させるのでこんな香りがするそうですが、○ ○ チの香りじゃなくて良かったです(^^;


DSC05239.JPG
 斜面にはコバイケイソウが群生していました。もう少しすると一面白い花で埋め尽くされて、きっと見事でしょうね!



DSC05240.JPG
 ゆるやかなジグザグ道で高度を稼いでいきます。


DSC05244.JPG
 下界から担いできたパンの袋はこんなに膨らみました。別山は雲の中に隠れてしまった様です。


DSC05253.JPG
 傾斜が緩んだあたりで山頂(御前峰)が見えるはずですが… ガスで隠れてますね。


DSC05259.JPG
 雪渓歩きが2個所ありました。


IMG_6441.JPG
 このあたりからハクサンコザクラがチラホラと、ほんと可愛いですね~


DSC05263.JPG
 弥陀ヶ原に入りましたがガスの中です。


IMG_6472.JPG
 弥陀ヶ原には高山植物がたくさん咲いていました。お花の紹介は後編で!


DSC05269.JPG
 間もなく砂防・観光新道からの道との合流地点。


DSC05273.JPG
 室堂平まで五葉坂を最後の登り。後方は弥陀ヶ原。
 

DSC05282.JPG
 室堂平は一段高い丘の上です。


DSC05283.JPG
 お昼過ぎ、かなり疲れてきた頃、やっと白山室堂センターに到着しました。


IMG_6485.JPG
 白い花が咲くナナカマド(ウラジロナナカマド)。


DSC05288.JPG
 センターの北側には白山最高峰・御前峰と白山比咩神社・奥宮祈祷殿。


DSC05290.JPG
 まず最初にここに参拝して御朱印を頂きました。
白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)は全国に二千七百社以上ある白山神社の総本宮。ここ白山御前峰頂上に奥宮があり、白山全体が御神体とのことです。立派な里宮が白山市内の別の場所にあります。


DSC05291.JPG
 御朱印は4種類の中から選べます。各種山バッジや手ぬぐいも置いてありました。


DSC05297.JPG
 宿泊の受付は午後1時からと言うことなので、先に食堂でラーメンをいただきました。お昼の食事の提供は午後1時まででした。


DSC05300.JPG
 食券は食堂の入口の売店で。各種お土産の他、お酒類や生ビールもあります。
ここで買って出たゴミも全部自分で持ち帰るのが白山室堂のローカルルールです。


DSC05301.JPG
 開山1300年記念イベントでタスキリレーをやってました。


DSC05302.JPG
 花の白山ならではの『花暦』 毎日自然観察会もやっている様です(クリック拡大可)


IMG_6493.JPG
 室堂にある展望地から弥陀ヶ原とエコーラインの木道。


DSC05306.JPG
 受付が始まりました。宿泊代を現金で払って受付順に部屋へ案内してもらいます。


DSC05308.JPG
 この日の指定は一番南の「くろゆり荘」、2段ベッドで1部屋40名くらいのところ12名でゆったりでした。


IMG_6502.JPG
 辛い思いをしてまでわざわざ山へ登るという行為を、興味のない人にどう理解してもらえば良いのか?難しい課題です。


DSC05314.JPG
 チェックインが済んだので御前峰へ向かいます。


DSC05323.JPG
 さすがは白山!道には石が完璧に敷き詰められています。途方もない作業だったはずですね。


DSC05326.JPG
 室堂平から標高差250m、約40分かかってようやく奥宮が見えてきました!


DSC05350.JPG
 白山の最高点・御前峰です!ここから見える別山を楽しみにしていましたが真っ白、明日のお楽しみに取っておくとしましょう。
 

DSC05334.JPG
 一等三角点:白山:2702.14m。


DSC05345.JPG
 周囲の峰々にはガスがかかって良く見えません。


IMG_6528.JPG
 山頂から見た白山室堂の施設
左の3つがくろゆり荘・こざくら荘・御前荘の一般宿泊棟、中央の大きい建屋が室堂センター(食堂・郵便局)、一番手前が奥宮祈祷殿、右に白山荘です。雷鳥荘は写っていませんが白山荘のさらに右手にあります。


DSC05370.JPG
 山頂でしばらく粘っていましたが、ガスが取れそうにないのでお池めぐりへ出発。御前峰から岩の間を縫う様に下って振り返った様子です。


DSC05381.JPG
 油ヶ池と御前峰


DSC05382.JPG
 一旦下って雪渓を登り返すと程なく翠ヶ池(みどりがいけ)が見えてくる。


DSC05392.JPG
 翠ヶ池(みどりがいけ)の湖面は空が映って吸い込まれそうな青さです!(写真クリックで拡大)


DSC05396.JPG
 剣ヶ峰(左)と御前峰(右後方)今ごろガスが取れてスッキリ。


DSC05398.JPG
 大汝峰の巨大雪渓


DSC05400.JPG
 グルッと回って千蛇ヶ池付近の雪渓 後ろは大汝峰。


DSC05402.JPG
 池はほとんど雪渓に覆われていました。


DSC05403.JPG
 この付近も至る所に花が咲いています。イワカガミ、ミヤマキンバイ、アオノツガザクラなど。


DSC05405.JPG
 黄色が目立つミヤマキンバイとコバイケイソウ バラ科のミヤマキンバイはイチゴそっくりの葉ですね。


DSC05406.JPG
 尾根を越えて2回目の雪渓渡り。嫌な傾斜ですがキックステップでゆっくり下る。別山はまだ雲の中。


DSC05410.JPG
 ようやく室堂センターが近づいてきました。


DSC05414.JPG
 室堂前の水場です 無料ですが「無駄に使わないで下さい」との事、洗い物は厳禁ですよ。


DSC05415.JPG
 これが今晩お世話になる「くろゆり荘」です。


DSC05416.JPG
 本日の夕食です。着替えてモタモタしてたら指定時間ギリギリに(汗)ごはんとお味噌汁はお代わり自由です!魚かハンバーグか選べると聞いていましたが1種類だけです。遅かったせいかな?


DSC05417.JPG
 お漬け物と ふりかけ もありますので、お腹いっぱい食べられます。teppanはごはんのお代わりをしました^^


DSC05419.JPG
 食後はこれ、生ビール! 開山1300年記念カップです。一番たくさん売れた日はビール樽が9個空になったとか^^


DSC05421.JPG
 ワインも売っていたので飲んじゃいました。この日の売店は午後6時まで。


DSC05423.JPG
 広々とした室堂センターの中。奥が郵便局です。宿泊収容人数750名は日本屈指の規模。


DSC05426.JPG
 静けさを取り戻した室堂平です。はたして明日のお天気はどうでしょうか?


DSC05429.JPG
 今日の別山はこれが精一杯みたいです。明日はぜひ優美な姿をお見せ下さいね~


DSC05431.JPG
 この季節の室堂センターは午後8時半消灯。 睡眠不足で疲れているはずなのに、あまり良く眠れませんでした。




nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 2

Jetstream

別当出会いまで車で入れたんですね。道中の写真懐かしく拝見させていただきました。お天気も上々で良かったですね。 数年前の私の山行は雲と雨になり、翌日も台風の接近で更に悪化するという天候の急変で日帰りで下ってしまいました。 
山頂部はガスでほとんど視界なし、様子が写真で拝見できてよかったです。!(^^)! 加賀の山や北アがみたかったです。
さすがハクサンXXXという名がつくほどの花の宝庫、天気のいい日にのんびりと再登してみたいもんです。 ここは避難小屋含めてトイレ等設備がしっかりしていますので快適ですし、泊まるにもいいですね。このあたりの山は梅雨明けごろか秋がよさそうですね。 でも、小屋の営業期間はそんなに長くないような記憶ですが・・・9月半ばに閉鎖?
ねむれませんでしたか? イビッキーがいたのかな? お酒も良いですね。!(^^)! 翌日のご来光にワクワクされてたのかな?!(^^)! 
by Jetstream (2017-07-26 22:29) 

teppan

Jetstream さんコメントありがとうございます。
 白山は設備や整備がしっかりしていて歩きやすい山でした。
宿泊施設も規模が大きいにも関わらず、気取った所もなく過ごしやすかったです。
 今回食事に関するアンケート用紙が渡されました。北アルプスの山小屋の豪華な食事を意識しての事だと思いますが、私は今のままの質素な食事で十分だと思うので、そう書いておきました。

 花が多い山は他にもたくさんありますが、白山も素晴らしかったです。次訪れる時はもっとゆっくりと散策出来たらいいなと思っています。

Jetstreamさんが行かれた時はお天気が悪かったのですね、お天気の良い日にぜひ再訪をお勧めします。小屋の営業は10月15日までです。

山小屋の夜は雑音はなかったのですが、何故か寝付けず寝返りばかりうっておりました^^;
by teppan (2017-07-27 14:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0