So-net無料ブログ作成
検索選択
 
 
[次項有]てっぱん家の地域別-山記事リストはここをクリックしてください!!
  teppanお気に入りのウェブページは下のリンクをクリッ 
[次項有]山歩き 関連のお気に入り
[次項有]ミツバチ関連のお気に入り

古き魅惑のクルマ達 トヨタ博物館 2017/7/13 [お出かけ]

 この日は20数年ぶりに「トヨタ博物館:TOYOTA AUTOMOBILE MUSEUM」へ出かけてきました。
IMG_6319.JPG
 館外展示のボンネットバス FB80型(1963年)


IMG_6023.JPG
 着いたのは午前11時過ぎ、”腹が減っては落ち着いて回れない” ということで真っ先にレストランへ^^


IMG_6026.JPG
 おすすめメニュー デミグラスソースのオムライス(オムハヤシ)。美味しかったです。


IMG_6028.JPG
 レストラン側から入ったエントランスです。入館料は1000円。来る途中にコンビニでJTBの前売券を購入しておいたので800円で入れました。利用しない手はありませんね。


IMG_6039.JPG
 エントランスにあったカニ目のオースティン(Healey Sprite Mk1 “Frog eye”)


IMG_6041.JPG
 今年大幅な改装が行われ、年代順に展示されるようになったので解りやすくなりました。まず2階の「黎明期~1950年代」の展示へ。


IMG_6051.JPG
 キャデラック モデル サーティのステアリング(1912年・アメリカ)
 


IMG_6054.JPG
 シボレーのカーマスコット


IMG_6063.JPG
 芸術的なリヤバンパ。デューセンバーグ モデルJ (1929年・アメリカ)


IMG_6070.JPG
 ブガッティ タイプ 35B のステアリングリンクと板バネ(1926年・フランス)有名な量産レーシングカーです


IMG_6075.JPG
 アルファロメオ 6C1750 グランスポルト(1930年・イタリア)



IMG_6086.JPG
 筑波号 東京自動車製造株式会社製(1935年・日本) 先進的な前輪駆動車


IMG_6088.JPG
 グリルの中にライトが入った個性的なデザイン プジョー 402 (1938,フランス)



IMG_6112.JPG
 おでこに青筋が立った様なおっさん顔は サーブ 92型 (1951年・スウェーデン)
SAABは一時期日本でも結構走っていましたが、今はもうなくなってしまったブランド


IMG_6106.JPG
 タッカー’48(1948年・アメリカ) 斬新なスタイルでビッグ3に挑むも敢えなく倒産してしまったそうです


IMG_6119.JPG
 MG ミジェット タイプ TC (1947,イギリス)
”Morris Garages ”はアメリカで大人気だったライトウェイトスポーツの代表的ブランド 現在は中国企業の傘下となっている


IMG_6131.JPG
 ガルウイングドアと言えばこのメルセデスベンツ 300SL クーペ(1955年・ドイツ)


DSC04898.JPG
 2階にあったフランスのガラス工芸家、ルネ・ラリック氏(1860~1945)が造ったカー・マスコットの展示コーナー


IMG_6144.JPG
 写真はその中の1つで「スピード」


IMG_6148.JPG
 続いて3階へ 「モータリゼーションの進展と多様化」と題された階
エントランスに鎮座するのはトヨタを代表する「クラウン」1955年モデルです。これ、teppanが子どもの頃はまだ走っていた覚えがあります


IMG_6149.JPG
 キャデラック エルドラド ビアリッツ(1959年・アメリカ)
巨大なテールフィンとジェット噴射ノズルを模した”これぞアメリカ!”というデザイン。V8-6.4リッターエンジン搭載


IMG_6157.JPG
 こんな感じで並ぶ車達


IMG_6160.JPG
 メッサーシュミット KR200(1955年・ドイツ)
戦闘機メーカーが造ったマイクロカー タンデムシートの前後2人乗り 可愛らしい顔ですね!


IMG_6169.JPG
 一つ目小僧は フジキャビン 5A型(1955年・日本)FRPモノコック構造の3輪スクーター


IMG_6176.JPG
 スバル 360 K111型(1958年・日本)
スバルの名コンパクトカー「てんとう虫」 teppanの小学校の担任がこれに乗っていました。


IMG_6182.JPG
 マツダ ファミリア800 SSA型(1966年・日本) 手の込んだグリル 当時の車は手作り感満載です
 

IMG_6190.JPG
 ホンダN360(1969年・日本) ”エヌコロ”の愛称でたくさん走っていた覚えがあります。現在の軽ホンダ車のネーミング”Nシリーズ”の元になった名前


IMG_6194.JPG
 ダイハツ コンパーノ スパイダー F40K型(1965年・日本) ダイハツだって熱い頃があったんです!


IMG_6195.JPG
 センターロックのワイヤーホイール ロータス エリートのだったかな?


IMG_6200.JPG
 トヨタ 2000GT MF10型(1968年・日本) トヨタを代表するGT


IMG_6216.JPG
 トヨタ セリカクーペ1600GT  TA22型(1970年・日本)
teppanが小学校高学年の頃出たクルマ マスタングをイメージしたデザインは当時のクルマニア羨望の的でした


IMG_6236.JPG
 何やら機材を持ち込んでシミュレーション中の方々 ”イマダさん” とか ”キムラさん” とか聞こえて来る所をみると、どうやらバラエティー番組収録の為の準備みたい。


IMG_6233.JPG
 3階の最後を飾るのがこれ トヨタFCV-R (2011,日本) 燃料電池車ミライのコンセプトモデル 
技術的にはスゴイのでしょうが、普及させるには水素ステーションに巨額なインフラ投資が必要なので、teppanは勝手に ”未来はなさそうなミライ”と呼んでます^^; 近い将来、確実に電気自動車の時代がやってくることでしょう


IMG_6243.JPG
 爽快な乗り心地 そんな言葉を売りにする時代があったんですね


IMG_6244.JPG
 創業者「豊田喜一郎」氏  今のトヨタを見て、あなたはどうお考えですか?


IMG_6246.JPG
 エスカレーター1階踊り場を上から 人が写ってなかったらミニチュアカーみたいに見えますね


 本館と新館をつなぐ回廊入口手前の情報コーナーにあったフィギア達です
tantan.JPG
 タンタンとスノーウィ


IMG_6033.JPG
 ウルトラマン三兄弟


IMG_6034.JPG
 サンダーバードだ!なつかしい スコットとジョン ペネロープ号も


IMG_6279.JPG
 新館2階にある「生活と車」展示コーナー 
まだまだマイカーなど高嶺の花だった頃から、だんだんと身近になっていき、念願の車を手に入れるまでの、
日本のモータリゼーションの歩みと生活文化の変遷を展示。各時代の生活の様子を示す文化資料展示も数多い


IMG_6264.JPG
 マイカーなどという言葉はなく、車は仕事の為のものだった。トヨタ SG型トラック(1953年・日本)


IMG_6266.JPG
 ホンダ カブF(1952年・日本) ”原動機付自転車”と呼ぶに相応しい形態です teppanが小さい頃も、このタイプの自転車を良く見かけました。”カブ”とは英語で「猛獣(熊など)の子供」という意味。小さいエンジンでもパワーがあることをアピールするため命名されました。と、本田技研工業のHPに載っています


IMG_6269.JPG
 洗濯機とステレオ 2つのローラーの間に洗濯物を挟み、ハンドルでグルグル回して水気を絞っていました


IMG_6287.JPG
 この車も昔良く見かけました  マツダ キャロル(1969年・日本)
360cc水冷4気筒エンジンを後ろに積み込んだ独特のレイアウト


IMG_6282.JPG
 古い冷蔵庫 現在の様な冷凍庫はなく、氷を作る製氷棚が最上部に付いていた 
今の人は知らないと思うけど、製氷棚に霜が固まって分厚い氷になる為、定期的に取らなくてはならなかった。電源を落として溶かせば簡単なのだけど水が滴るし時間がかかる 人は皆せっかちなもので、尖ったもので突いて氷を割ったりしました。製氷棚の内部にはフロンガスが循環していますが、勢い余って穴を開け、ガスが抜けてしまい冷蔵庫がダメになる事もしばしば^^;


IMG_6283.JPG
 これはポータブル電蓄(電気蓄音機) 雑誌のオマケに付いてくるソノシート(薄くて柔らかいレコード盤)を再生したりしました。


IMG_6294.JPG
 「鉄人28号」のマンガ本展示 teppanはアニメを欠かさず見ていました 江崎グリコの提供だった
アニメより前に、人が実写で鉄人を演じていた覚えあり


IMG_6296.JPG
 少女マンガ雑誌各種


IMG_6284.JPG
 坂本九さんのアルバム 座ってる箱に”火薬”と書いてあるのがイイね!


IMG_6301.JPG
 新館1階にあるカフェでコーヒータイム。
カフェから見える第2駐車場ではクラッシックカーを走らせていました 何の集まりかな?


DSC04904.JPG
 ジープニー フィリピンの乗合タクシー 中に入れます


IMG_6316.JPG
 館外展示ボンネットバス(冒頭写真)の運転席から


 久しぶりに古き良き時代の車たちを眺めて回りましたが、どれも制作者の思い入れやロマンがいっぱい詰まっているのが感じられました。それに対して 現代の車は? 格段に進歩し、速く、便利で、快適になりました。もうこれ以上何が必要か?と思う程の充実した装備。でも、造り手の思い入れが感じられないせいなのだろうか?今の車は何か面白くない気がするteppanです

nice!(4)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 6

higurasi

teppanさん、こんにちは

懐かしい車が一杯ですね。
うちの親父、道楽者で
キザキザテールのキャデラックに
乗ってたこと思いだしました。
一度見に行ってこようかなぁ。
by higurasi (2017-07-15 10:26) 

teppan

こんにちはhigurasiさん

お父上様は車道楽だったんですか?キャデラックとはまたすごい!

teppan家はトヨタのファミリーカーばかりで、
平べったくて地を這うようなアメ車は憧れの存在でした^^

久しぶりに行ってみたトヨタ博物館、なかなか良かったです。
車に興味が無くても十分楽しめる、お勧めの場所です。
by teppan (2017-07-15 14:59) 

水鵬

こんちは~
トヨタ博物館は楽しいですよね。
特に男はw
私は母子家庭で育ったので家に車が無く、子供の頃はやはり憧れでした。
昔は色々なコンセプトがはっきりしていたので、憧れの車が多かった気がします。
今は「エコ」が中心となっている車づくりなので、どれもコンセプトが同じなのか、違いを出しにくい為特徴が薄い気がします。
その分魅力も薄いのかな?
物に溢れて不自由が無い世の中、車も憧れの物にはなりにくいのかも知れませんね。
by 水鵬 (2017-07-15 19:19) 

げんた

teppanさん、こんにちは。
うちの実父が乗ってたのが、確かカローラバンでした。親の実家が石川県で、帰省の山路で
いつも母親が車酔いしてたのを思い出しました。その頃は車なんて興味も無かったから
どんな乗り心地だったかは覚えてないですが、よっぽど酷かったのかも。
今のエコカーばかりの世の中、国や乗り手もそれを求める傾向にあるんで、メーカーとしても
力を入れるしかないのでしょうか?魅力のあるクルマはごくわずかのようです。
by げんた (2017-07-17 12:08) 

teppan

こんにちは水鵬さん
そうだったんですか~ 嫁の家もそうなんですよ。
今は一人に一台の時代になり、車は人が使う単なる道具の1つに過ぎません。
”車を持つのが夢”だった時代とは違うので、際だった特徴がない車が多いのも仕方がないのかもしれませんね。だから昔の個性の強い車に惹かれるのでしょうね。


by teppan (2017-07-18 08:47) 

teppan

こんにちは げんたさん

カローラバンですか!リヤは板バネだったし、峠越えはきっと乗り心地が良くなかった事でしょうねえ。私も子どもの頃はすぐ車酔いしていたので母上様の辛さが解ります。^^;

国産車はどれも似たり寄ったりなので、げんたさんも次はルノーやプジョーあたりが気になってるかな?^^
by teppan (2017-07-18 08:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。