So-net無料ブログ作成
 
 
[次項有]てっぱん家の地域別-山記事リストはここをクリックしてください!!
  teppanお気に入りのウェブページは下のリンクをクリッ 
[次項有]山歩き 関連のお気に入り
[次項有]ミツバチ関連のお気に入り

近江鈴鹿 万野・大見晴・鈴ヶ岳・茶野 周回 前編2017/4/19 [山歩き・ウォーキング]

DSC02903.JPG
 万野手前の鉄塔から眺める霊仙山


場所・山行日  「万野:まんの 774.86m 三等三角点」「大見晴:おおみはれ 820m 独標」
「鈴ヶ岳:すずかたけ 1130m 独標」「茶野:ちゃの 938m 独標」
滋賀県犬上郡多賀町・東近江市 境 2014年4月19日(水)
ルート   大君ヶ畑・白山神社~万野~大見晴~ミノガ峠~桜峠~鈴ヶ岳
~桜峠~茶野~大君ヶ畑
歩行距離 12.8Km/14.0Km(平面/沿面距離)
標高差  白山神社~万野+470m 万野~大見晴+50m 大見晴~ミノガ峠-35m
ミノガ峠~桜峠+130m 桜峠~鈴ヶ岳+-210m 桜峠~茶野+23m
茶野~駐車地-630m
所要時間 08時間02分 06:58~15:00 (休憩・昼食時間含む)
実測ルート図はここをクリック!   Google earth鳥瞰図はこちら
 三重県と滋賀県の県境、南北約50キロに連なる鈴鹿山脈。西側の近江鈴鹿(鈴鹿山脈の滋賀県側)は主稜線から比較的なだらかに尾根が張り出していて、今回歩いたのはそんな支脈の山です。渋いと言いますか、いぶし銀と言いますか、人はあまり歩かない玄人受けする山々です。鈴鹿でも有名どころは大勢のハイカーで賑わいますが、人が多いのが苦手な自分は、もっぱらこんな山を選んで出かけています。^^;


DSC02828.JPG
 それがどうした? と言われそうですが本日の朝食です^^ 名神高速・養老SAのオリエンタルカレー 
子どもの頃カレーと言えばここの「即席カレー粉」で作ったものでした。今は美味しいインスタントカレールゥが大手食品会社からたくさん販売されていますが、オリエンタルはその草分けでした。


DSC02829.JPG
 彦根ICを降りて国道306号を大君ヶ畑へ向かいます。今日の天気は回復傾向で朝から晴れ間が出るはずだったのですが、予報に反して雨が降っています…


DSC02832.JPG
 滋賀県最奥集落のひとつ「大君ヶ畑:おじがはた」 集落を過ぎて間もなくの路側帯のスペースに駐車。三重県と滋賀県を結ぶ国道306号線は、現在滋賀県側の斜面崩落のため、ここから約2キロ先で通行止めです。
 右にスロープが見えますがここが茶野登山口で、今回は最後にここに降りてくる予定です。


DSC02836.JPG
 山里では桜が盛りでした。


DSC02833.JPG



DSC02837.JPG
 大君ヶ畑バス停です。時刻表を見てみると平日は朝3本・夕方3本、休日は朝1本のみ。



DSC02841.JPG
 白山神社入口



DSC02843.JPG
 階段を登って神社へ



DSC02846.JPG
 杉の巨木に守られたお社に今日の安全を祈願しました。



DSC02847.JPG
 高台なので集落が良く見えます。右の大きな建物は体育館の様です。



DSC02848.JPG
  惟喬親王の石碑。東近江市の山間部を含め、このあたりでは木地師の祖として崇拝されています。地名に”君”の名が付くのも親王に大いに関係がありそうです。この奥から急斜面に取り付きました。



DSC02853.JPG
 尾根に乗ると薄ピンク色のアセビが咲いていました。



DSC02849.JPG
 先ほどまで雨が降っていたので、枝をかき分けて進むたびにビショ濡れです^^;



DSC02855.JPG
 鹿のシャレコウベ。



DSC02856.JPG
 重機の音が聞こえてきたら彩土場に出ました。この縁を歩いて前方のピークを目指します。



DSC02860.JPG
 採土場の縁から振り返って。中ほどに横根山、右寄りに見えるのがダイラの頭、一番右端に隠れているのが三国岳です。



DSC02865.JPG
 尾根は広がってきましたが、どんどん傾斜が増して息も絶え絶え…



DSC02873.JPG
 苔生す石の周辺には、踏まずに歩くのが難しいくらいネコノメソウがいっぱい!種類が多くて難しいのですが、たぶんヤマネコノメだと思います^^



DSC02874.JPG
 このあたりの山は全て御池岳と同じく石灰質です。この後最大傾斜が待ち構えている(泣)



DSC02879.JPG
 ヒメフウロでしょうか?



DSC02886.JPG
 ヌルヌル滑る急斜面を登り切ったら広々とした平原に到着。



DSC02889.JPG
 振り返って見た様子。鹿除けに張られたネット沿いに722mピークへ。



DSC02892.JPG
 苔むした石灰石と樹木



DSC02894.JPG
 722m独標ピーク付近



DSC02896.JPG
 ピークからは半分植林の歩きやすい尾根を行く。



DSC02901.JPG
 なかなかスッキリ晴れてきません…



DSC02902.JPG
 万野手前の鉄塔が見えて来ました。鉄塔からの眺めも良いです(冒頭写真)



DSC02906.JPG
 木々に囲まれて展望の無い万野山頂に到着。



DSC02908.JPG
 緑色に塗られた山名表示板



DSC02909.JPG
 三等三角点 足谷 774.86m



kubomi2.JPG
 これはGoogle earthで見た万野付近です。事前にシミュレーションの為に眺めていたら大きな凹を見つけました。今回はこの窪みを現地で確かめてみるという課題を持ってきました。はたして実際の凹みは?



DSC02910.JPG
 万野山頂の南東方向を下って行くと明るい場所が見えて来た。もしかしてあれ?意外に山頂からすぐでした。



DSC02914.JPG
 降りてみると何の変哲も無いただの窪みでした。^^;



DSC02915.JPG
 しかし、どうしてここだけ植林してないのでしょう? 見上げるとポッカリ開いています。周囲にさらに小さな窪みがあるところを見ると、もしかしたら大きなドリーネなのかもしれませんね。



DSC02920.JPG
 万野から大見晴へは、ガイド本によると北側を回り込んでいくらしいのですが、今回は南側の緩やかな尾根を登りました。



DSC02924.JPG
 石灰岩が散らばる広い尾根を歩いて、



DSC02927.JPG
 大見晴に着きました。



DSC02931.JPG
 ここの山名板はオレンジ色です。



DSC02939.JPG
 山頂で咲いていたキブシ。



DSC02935.JPG
 大見晴は東方向に展望があります。茶野(左)、鈴ヶ岳(中)、御池岳(右)



DSC02942.JPG
 だだっ広い山頂部は方向が定めにくい。ミノガ峠へは右寄りに下っていきます。急斜面(写真)に差し掛かったあたりで尾根が左右に分かれますが、ピンクテープに惑わされる事なく左の尾根へ下ります。



DSC02944.JPG
 下ってきた急斜面を振り返る。



DSC02946.JPG
 ヤセ尾根になった先はアップダウンしながらミノガ峠へ。



DSC02951.JPG
 やがて舗装された林道が見えてきました。



DSC02952.JPG
 写真の階段を下った所が御池林道出合。右奥がミノガ峠です。



DSC02954.JPG
 鳥獣保護区の表示。この辺りが境になっているようです。



DSC02958.JPG
 東近江市側に下ると、間もなく別の林道起点があります。ここが桜峠への入口です。



DSC02960.JPG
 「飛出しとび太くん」ハイキングバージョンによる案内板。とび太くんと握手を交わしました!^^
東近江市が選定した「鈴鹿10座」登山口案内です。ここから御池岳ピストンはかなりの距離になりますよ。



DSC02961.JPG
 後で向かう茶野が見えました。



DSC02962.JPG
 林道をひたすら登ります。



DSC02964.JPG
 「鈴鹿10座」の黄色いテープが目印。



DSC02974.JPG
 おっと!倒木がありました。



DSC02977.JPG
 尾根芯にも道がある様ですが、ここは素直に林道を歩いた方が得です。距離にして約800mで写真の地点、ここからいよいよ山道に入ります。



DSC02980.JPG
 鉄塔のある開けた場所に到着。前方に見える次の鉄塔のある場所が桜峠。この先は尾根芯を歩かず右の山腹に踏み跡が付いています。



DSC02985.JPG
 壁の様に立ちはだかる鈴ヶ岳(左)と御池岳。以前伊勢尾からあの鈴ヶ岳の急斜面を直登した事があります。



DSC02989.JPG
 尾根はまだ先まで続いていますが、この倒木の地点から右の小尾根に乗り換えます。間違って直進してしまい戻ってきました。



DSC02993.JPG
 最初は急なジグザグを登り、やがて右へ折れてトラバース道に変わります。



DSC02996.JPG
 踏み跡は細く、所々補助ロープが付けられていました。おそらく鉄塔管理の為の道だと思います。



DSC03000.JPG
 桜峠直前です。右側の谷間からの眺めが良いですが、油断すると滑落しそうな斜面なので要注意です!



DSC03002.JPG
 ようやく桜峠到着です。別名「一本木」とも呼ぶ様です。ここで主稜線に乗りました。ここから一旦鈴ヶ岳を目指してピストンです。



 続きは後編へ こちらをクリック!

タグ:鈴鹿の山
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0