So-net無料ブログ作成
 
 
[次項有]てっぱん家の地域別-山記事リストはここをクリックしてください!!
  teppanお気に入りのウェブページは下のリンクをクリッ 
[次項有]山歩き 関連のお気に入り
[次項有]ミツバチ関連のお気に入り

サーモス山専ボトル 大小モデルを比較してみる [モノ・道具]

 サーモスの山専用ボトル。1年半前に買った900mlに加えて、最近500mlも手に入れました。そこで2つを比較テストしてみることにしました。  さて、いったいどのくらい性能差があるでしょう?
DSC03073.JPG
 三角点横に並べた真空ボトル(左からFFX-900、FFX-500、JMZ-480)

 

 (まずは大きさの比較)

DSC031921.JPG左からFFX-500 /500mlペットボトル /FFX-900 

 

DSC031931.JPGFFX-500 /500mlペットボトル /JMZ-480 

 

tr3_0004.JPG
 直径はFFX-500がペットボトルより少し太いくらい。FFX-900はさらに1センチほど太い。中栓はFFX900・FFX-500共通でした。 

 

(次に重さの比較)
まず中栓やキャップなど全てを含む重さです
tr3_0001.JPG
 FFX-900 388グラム

 

tr3_0002.JPG
 FFX-500 284グラム

 

tr3_0003.JPG
 JMZ-480 247グラム

 

 ここで注目して欲しいのがFFX-500とJMZ-480 の比較です。容量的に同じクラスのJMZ-480の方が軽いんですが、キャップや中栓などを全て取り外して比べてみると… 

tr3_0006.JPG
 JMZ-480

 

tr3_0005.JPG
 FFX-500

 

 なんと!山専モデルFFX-500の方が軽いんです!FFX-900もそうですが、中身のない状態で山専を持ってみると本当に軽く感じます。

 

(次は保温性能を比べてみる)

 予熱した後、沸騰したお湯をいっぱいまで入れて、冷凍庫(マイナス18度くらい)に入れて温度の下がり具合をチェックします。
DSC02847.JPGDSC02846.JPG
 3時間半後に計測してみると… 
 FFX-500(左)83度C : FFX-900(右)88度C で、その差5度という結果になりました。やはりお湯の量の差が出たと言えますが、FFX-500の83度Cにしてもカップ麺を作るには十分な温度です。大きさを考えると素晴らしい性能だと言えますね。 

 

DSC02849.JPGDSC02852.JPG
 そして今度は8時間以上経過しました。
 FFX-500(左)70度C : FFX-900(右)80度C その差は10度になりました。しかし500mlモデルにしても、冷凍庫に一晩放置して70度Cを維持できるとは!すごいですよね。 

 

 では、実際に山へ連れて行って比較してみました。

  お湯が倍近く入るFFX-900は当然有利です。そこで今回FFX-900はお湯を半分くらいにして、FFX-500は満タンで比較してみました。参考で家庭用モデルのJMZ-480もお湯をいっぱいにして一緒に持っていきました。

 早朝AM4:20頃自宅で熱湯を入れて、山頂に着いたのがAM10:25。約6時間経過しました。さて、どうなったかな? 


まずはJMZ-480
DSC03074.JPGDSC03075.JPG
 68度でした。カップ麺を作るにはちょっと低いですね。 

 

続いてFFX-500
DSC03076.JPGDSC03077.JPG
 78度Cです!上のモデルと比較すると10度も差が出ました!さすが山専ですね。 

 

最後にFFX-900 お湯は半分しか入れてきませんでした。
DSC03078.JPGDSC03080.JPG
 おおっ! 500mlモデルと変わらない78度でした。 お湯の量が同じくらいなら差は出ないということです。 

 

DSC03082.JPG
 ちなみに78度Cあればカップ麺を作るには十分でした。  

 総評: 山専恐るべし! FFX-500もFFX-900も、「山専用」の名前は伊達じゃなかった!

 

 (関連記事リンク)
・サーモス・山専ボトルの実力は?    http://teppan.blog.so-net.ne.jp/2014-01-05 
・サーモス・山専ボトルの実力は?Part2    http://teppan.blog.so-net.ne.jp/2014-01-07


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 4

teln

こんばんは、テスト乙です!!

「おおっ! 500mlモデルと変わらない78度でした」、
こちら単独行なんで500で十分だと思ってましたが
湯量度外視なら900と性能差ないとのこと、ヨカッタ(^。^;)。

ちょっと前の『モノクロ』って雑誌で保温ボトルの
テスト企画やってたんですけど、山専ボトルのエントリーなく
JMZ-480っぽいのはあってそれが保温力は最強になってて
疑問に思ってましたがやはり山専のほうがいいですよねえ。
by teln (2015-04-21 00:06) 

teppan

telnさん>おはようございます!

FFX-500の性能はその辺の真空ボトルよりかなり上です!
自信持って使ってくださいね!(^。^
by teppan (2015-04-21 09:06) 

水鵬

こばわ~ さすがサーモスですね~
保温力が高い理由は2重構造の真空度の高さと口の密閉度なので、特に開けた時の口が狭くキャップの保温性が高いほど保温力が高いと言われています。それにしても900mlに500ml入れたのと500ml満タンで保温力が同じなのにはビックリですね。技術の高さですね~
インバウンド効果で売り切れになる理由がわかります^^b
by 水鵬 (2015-04-23 21:17) 

teppan

水鵬さん>おはようございます!

お値段も幾分下がって来たようなので、500mlも買っちゃいました^^
同容量の他ボトルに比べて、やはり性能は上回っているようですね
キャップが2重構造になっているのも、保温力が高い理由かも

「インバウンド」って初めて聞きました
国内より海外の方が売れてるってことですかね?


木曜日は選挙の手伝いがあって山はおあずけでした~



by teppan (2015-04-24 08:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0