So-net無料ブログ作成
検索選択
 
 
[次項有]てっぱん家の地域別-山記事リストはここをクリックしてください!!
  teppanお気に入りのウェブページは下のリンクをクリッ 
[次項有]山歩き 関連のお気に入り
[次項有]ミツバチ関連のお気に入り

ジムニー(JB23W)車中泊化計画 [クルマ]

 我が家の日帰りハイキングでの交通手段はスズキジムニーJB23W。中古で購入し走行距離はすでに15万キロ超で解体寸前です! 
 ところで、今年こそある野望を実行しようと計画中!実現できるかどうかは判りませんが、その為には是非とも車中泊が必要です!でも、我が家にはなんと26年前の化石に等しいMR2(AW11)と、解体寸前ジムニーしかありません… となると、必然的に車中泊の対象となり得るのはジムニーしかないのでありました…(^_^;)

 

 

R0016095.JPG
 写真は完成形に近づきつつある車中泊仕様ジムニー

 

 

 計画に着手したのは今年4月前半。いっぺんには無理なので、ネットで情報を収集しながら少しづつ進めていきました。

 

DSCN8928.JPG
 まず、車で寝る為には平らでなくてはいけません。自分のジムニー(JB23W)は前期も前期の3型。リヤシートの背もたれを倒すと大きな段差ができます。これは適当な材木でテーブルを作成しました。

 

 

R0015252.JPG
 ここが枕を置く場所になります。テーブルの下は薄い物なら収納できます。

 

 

R0016108.JPGR0016107.JPG
 JB23前期型は後席シートの座面がセパレート。フラットにするには邪魔なので、外してフロントシートの座面の上に置きます。

 


R0016106.JPGR0016105.JPG
 その上に幅45センチ・長さ90センチ・厚さ9ミリのベニヤ板を2枚、怪我をしないように角を丸めたやつを敷いて、これでほぼフラットな場所が完成。シフトノブが飛び出しているのはご愛嬌。(^^)

 

 

R0016103.JPG
 その上にインフレーターマット(ネットで安かったドッペルギャンガーのやつ)を2枚敷いてベッドになりました(^_^)v

 

 

R0015248.JPG
 夜、車の中で寝るのに外から丸見えでは落ち着きませんから、目隠しを作らなければいけません。これはよくある銀マット(アルミ蒸着レジャーマット)をはめ込むことにします。新聞紙で型紙を作り、その型に合わせてマットをハサミでカットしました。最初は窓より少し大きめに作り、現物あわせしながら少しづつ周囲をカットして大きさを合わせます。これをすべての窓に行いました。

 


R0016110.JPGR0016111.JPG
 さらに100均で買った吸盤を、コンクリート壁に木ねじで固定する為の樹脂プラグ(エビプラグ)でマットに固定しました。

 


R0016109.JPG
 全部で6枚になりました。

 

 

R0016118.JPG
 あと、夜に備えて明かりが必要ですね。ガスやガソリンのランタンなら持ってますけど、そんなの車の中で使うわけにはいきません。そこで評判の良い乾電池LEDランタン、GENTOS EXPlorer(EX700RC)を購入。単体で懐中電灯としても使えるリモコン付き。明るさも調整できるのでGOODなランタンです!

 

 


R0016122.JPGR0016121.JPG
 ただ、ネックは単一乾電池3本?使用って所。充電式電池に対応しているので、エネループを使おうと思っているんですが、単一エネループはとんでもなく高価!容量は随分少なくなってしまいますが、単三のエネループ&単一アダプターで行く事にしました。それにしても3本てのが中途半端ですよねえ~
 ヘッドのホヤの部分が取り外せ、底にフックが付いているので逆さにぶら下げて使用可能なのが良いです!

 

 

R0016097.JPG
 着手から約1ヶ月でようやく試作完了!実際に家で一晩寝てみる事にしました。身体の大きい人には無理がありますが、小さめな我が家の人間ならば充分足を伸ばせます。運転席側はハンドルとの隙間が小さいのでちょっと窮屈ですが…

 

 

R0016098.JPG
 寝るときはこんな感じ!モデルは横幅が目立ってきた相棒です…(^_^;)
 一晩泊まってみた感想は?と言いますと…さすがに初めてなのでグッスリ安眠とまではいきませんでした。寝返りもなんとかできるし、まあ十分寝られそうだと言う結論… 狭いのはどうにもなりませんが、後輪のタイヤハウスの出っ張りが、位置と言い、高さと言い、偶然ですがテーブル代わりに丁度良い具合なのが救い?

 

 

R0016100.JPG
 ところが、一晩経ってマットをめくってガラスを見てみると結露がけっこうひどい!標高が高い場所で車中泊したらもっとひどくなるのでは?何らかの対策が必要かもしれませんが、今のところ良いアイデアが浮かびません…


nice!(5)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 5

コメント 12

あんど

はじめまして、岐阜でニホンミツバチを飼っております安藤です。てっぱん家さんのアイデアいっぱいの内容を楽しく見させていただいておりました。自分でもホームページを作ってちょこちょこやり始めたのですが、リンクしてもよろしいでしょうか?よろしくお願いします。
by あんど (2012-05-18 09:23) 

teppan

あんど さん コメントありがとうございます。普段は拙ブログをご拝読下さりありがとうございます。

 リンクは歓迎します!そちらのH/P見せていただきたいので、アドレス教えてもらえますでしょうか?
by teppan (2012-05-18 12:29) 

あんど

ありがとうございます。
早速リンクさせていただきます。
www.8farm.jp
蜂ファームという名前にしました。
お隣の岐阜県ですし、よろしくお願いします。
by あんど (2012-05-18 21:08) 

水鵬

おお~ジムニー改造ですね!
実は私も独身の頃はジムニーの幌に乗っていましたw(550ccの時代です)
今はエスティマで旅行も車内泊ばかりですが、いい加減娘達が大きくなって最近は窮屈で^^;
車内泊用の改造はめっちゃ憧れます!
老後は私も車を車内泊用に改造して夫婦で日本中を旅するのが夢なんですよ~
by 水鵬 (2012-05-20 13:04) 

teppan

水鵬さんこんにちは!
幌ジムニーなんて、そんなマニアックな車を乗ってたんですか?今はラインナップから消えてしまい残念ですね。
車内泊は学生時代に野沢、栂池へスキーのハシゴをしに行って時以来ご無沙汰なんですよ。今年は例の、ちょっと遠くの山を歩くために車内泊をしてみようとジムニーをいじってみたんですが…う~ん…
ただでさえ軽自動車なのに、しかもジムニーですからね…寝ている間の荷物置き場はどーすりゃいいんだ~(^^;)
by teppan (2012-05-20 13:31) 

太郎

家での事ですが、以前結露対策で窓にプチプチを貼り良い結果がでました。
あなたの作った窓のレジャーシートを隙間なく窓に貼り付けられたら結露は
解決するでしょう。

by 太郎 (2014-04-12 07:54) 

teppan

太郎さん>アドバイスありがとうございます。
隙間なくピッタリ貼り付ければいいんですね。ためしてみます。
by teppan (2014-04-12 08:32) 

太郎

お返事どうもです、
ご存知でしょうが、結露とは空気中の水分が冷たい所へ張り付く現象で、
逆に結露が出なければ車内の湿度は適度に保たれ快適になります。
空気が乾燥すると病気になりやすかったり、
喉が乾いたり、肌に悪かったりと良い事はありません。
頑張って結露対策成功させてください。

by 太郎 (2014-05-07 02:03) 

CAMP HACK編集部

アウトドアメディア「CAMP HACK]編集部です。
「車中泊ベッド」特集記事にてこちらの魅力的なお写真を是非使用させていただければと思います。ご都合悪い場合は削除いたしますのでご連絡いただければ幸いです。info@spacekey.co.jp
by CAMP HACK編集部 (2015-10-28 17:48) 

teppan

CAMP HACK編集部殿
貴社の特集ページに当ブログの画像を転載の件ですが、今回の画像・記事抜粋部分についてはOKです。
ただし、今後もし当ブログの記事内容(画像を含む)を転載する場合には、事前に(転載前に)許可を得て下さる様お願いします。事後承諾はお断りいたします。
by teppan (2015-10-30 08:52) 

namailmilk

めっちゃ参考になりました!
ありがとうございます!私も自作してみたいと思います。最後の結露対策だけ雪山行くので考えないとですね!
by namailmilk (2016-12-22 08:35) 

teppan

namailmilkさん、コメントありがとうございます。

少しでも参考になりましたら幸いです。
結露はマットをスキマ無く密着できれば大丈夫な様です。
頑張って自作してみて下さい。

by teppan (2016-12-23 15:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。